梶浦逸外買取のおすすめ買取業者と買取相場情報
梶浦逸外買取のおすすめ買取業者と買取相場情報

梶浦逸外の掛け軸の買取相場は?

kajiura買取に関する様々な情報をご紹介

まず、梶浦逸外の掛け軸の買取情報をご紹介します!ただし、ここでは梶浦逸外作品の買取相場をリスト形式でのみ紹介します。

梶浦逸外作品の買取相場例一覧リスト
作品名 買取相場
梶浦逸外作:随処作主(書画) 20000円
梶浦逸外作:山呼万歳聲(書画) 6000円
梶浦逸外作:大道透長安(書画) 8000円
梶浦逸外作:明徳(書画) 3000円
コメントイメージ

梶浦逸外の掛軸作品の買取相場は作風や状態によってももちろん上下しますが、過去の取引事例から考えると梶浦逸外作品の買取相場は概ね1万円前後を基準に期待できるでしょう。※但し、事例にないだけでもっと高額な梶浦逸外作品が存在する可能性もあります。

優れたおすすめの掛け軸買取業者!

  • 日晃堂

    骨董品の買取に特に特化した専門買取業者で掛け軸含めた骨董品の買取では最もおすすめできる買取業者です。

  • 福ちゃん

    中尾彬さんが印象的な骨董品買取に特化した総合買取業者で、掛け軸含めた様々な品物の買取の時は特におすすめです!

梶浦逸外について

梶浦逸外について

梶浦逸外(かじうらいつがい)とは、禅の海外普及に努めた臨済宗の僧侶です。

法名は宗実といい、多くの掛け軸や書画を手掛けた他、茶道具に銘を付けるなど、現在では主に茶席などで名を拝見する僧侶です。

自己を厳しく戒めてきた僧侶ならではの力強い墨蹟が特徴で、禅ではよく使われる言葉「看脚下(自身の足元を見、常に自戒せよ)」や「山花開似錦(変化することが真理)」などの作品があります。

また、梶浦逸外は1955年に正眼短期大学を設立しており、禅の精神を基に、茶道や陶芸などの仏教文化を学ぶことが出来る場を設けました。

正眼短期大学をは主に禅による人格教育を行っており、社会人学生やシニア世代、外国人留学生の受け入れも積極的に行う等、梶浦逸外の精神を引き継いでいることが覗えます。

買取情報を紹介している掛け軸の一覧

掛け軸として買取してもらえる種類の一覧

【梶浦逸外】以外にも当サイトでは様々な掛け軸の買取情報を紹介しています。随時情報は更新していますが、現在は次の掛け軸の買取相場を紹介していますので参考にしてください。

掛け軸の種類一覧

ページのトップへ